会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

キューバが生き残った理由

 

地球白書〈2013‐14〉特集 持続可能性確保の最終機会を活かす

地球白書〈2013‐14〉特集 持続可能性確保の最終機会を活かす

  • 作者: エコフォーラム21世紀,ワールドウォッチ研究所,WWI=,環境文化創造研究所
  • 出版社/メーカー: ワールドウォッチジャパン
  • 発売日: 2016/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

キューバ社会主義の国として、現存する数少ない国である。

 

ソ連崩壊後、後ろ盾を失ったキューバは、200に及ぶ消費財が配給リストに追加され、全ての食料が不足していった。

 

この危機に大きな役割を果たしたのが、キューバの非政府組織だった。

 

詳細は、本書「キューバが1990年代の一大国難を克服した原動力(P265)」を確認頂きたいが、非政府組織は反政府ではなく、政府と共同歩調を取りながら、活動している小規模で柔軟なグループである。

 

これらのグループが、職場や居住地域で支援を行い、政府も草の根運動を政策で支援した。

 

キューバ独裁国家であると一般的イメージは、侵略や植民地化に対抗した民衆の社会的連携を著しく軽視している(P265)」

 

私を含め、人は皆メディアの影響を受ける

 

本当のキューバを知るのならば、実際に行ってみるのが一番だ。

 

地球白書〈2013‐14〉特集 持続可能性確保の最終機会を活かす

地球白書〈2013‐14〉特集 持続可能性確保の最終機会を活かす

  • 作者: エコフォーラム21世紀,ワールドウォッチ研究所,WWI=,環境文化創造研究所
  • 出版社/メーカー: ワールドウォッチジャパン
  • 発売日: 2016/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る