仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

聖音オーム

 

インド思想入門: ヴェーダとウパニシャッド

インド思想入門: ヴェーダとウパニシャッド

 

ヨガをされる方はお分かりになると思うが、レッスンの最後に「オーム」を唱える場合がある。

 

本書で、初めてオームの意味を知った。

 

オームはサンスクリット語で、「はい」「かしこまりました」の意味で、キリスト教の「アーメン(amen)」に相当すると言われている。

 

「『オーム』というこの音節は全宇宙である(P144)」

 

本書は上記のように紹介し、オームが、「我々人間が発することができ、聞くことができる神聖な音節(P145)」とも述べている。

 

オーム以外にも、バラモン教の思想、死後の世界など、本書は様々なインド思想を分析している。

 

インド人の友人や同僚を持つ方などは、本書を読めば、話題を広げられるだろう。

 

インド思想入門: ヴェーダとウパニシャッド

インド思想入門: ヴェーダとウパニシャッド