会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

猫のバリアフリー

 

猫専門医が教える こんな時どうする?

猫専門医が教える こんな時どうする?

 

バリアフリーという言葉を、よく聞くようになった。

 

高齢化の影響などもあり、自宅のリフォームなどでもバリアフリー注文が増えているらしい。

 

人間だけでなく、ペットに対しても、バリアフリーが意識されているようだ。

 

本書「11歳以上の猫の環境づくり(P44)」で、猫のバリアフリーが考えられており、「キャットタワーを片づける」、「歩きやすい床材に変える」、「室内の温度管理をする」など、人間以上の生活の質が求められているようだ。

 

ペットが亡くなった際、ペット忌引きが適用される企業もあるくらいなので、家族同等、それ以上の扱いを受けているということだろう。

 

猫専門医が教える こんな時どうする?

猫専門医が教える こんな時どうする?