会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

スマホはバイキング

 

子どもとスマホ  おとなの知らない子どもの現実

子どもとスマホ おとなの知らない子どもの現実

 

本書のキャッチフレーズは、「大人の知らない子どもの現実」である。

 

子どもがスマホばかりやっていると、注意する親は多いが、スマホで何をやっているかは分からない場合が多い。

 

そんな親は本書を読めば、子どもが何をやっているか理解が進むだろう。

 

興味深いのは、「スマホバイキング似ている(P13)」部分だ。

 

「何でもある」という意味だが、子どもがスマホばかりやっており、お悩みの方にはおすすめの一冊だ。

 

子どもとスマホ  おとなの知らない子どもの現実

子どもとスマホ おとなの知らない子どもの現実