会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

なぜ民間保険に入るのか

 

平成28年版 社会保障便利事典

平成28年版 社会保障便利事典

 

民間の保険に入るかどうか、お悩みの方は本書を買ってみると良い。

 

日本には、ありとあらゆる公的な保険があり、民間の保険の必要性が感じられなくなる一冊だ。

 

よく知られている「高額療養費(P113)」などはもちろんだが、私も初耳の「政府保障事業(P220)」などが網羅されている。

 

ひき逃げや自賠責保険に入っていない車による事故にあったとき、被害者は政府保障事業に損害のてん補を請求することができるのだ。

 

本書を読み、民間の保険を使わず生きていく決意を改めて固くしたのであった。

 

平成28年版 社会保障便利事典

平成28年版 社会保障便利事典