仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

風葬を知っているか?

 

世界最古の墓というと、ピラミッドを思い浮かべる人が多いかもしれない。

 

しかしながら、7万~5万年前のネアンデルタール人が墓を築いていたことが、20世紀初頭のフランスで確認されている。

 

本書は、不思議な墓地・美しい霊園をめぐり、さまざまな民族の死生観をひも解く資料である。

 

印象深かったのは、モンゴル北部を紹介している「大草原の墓(P72)」部分だ。

 

モンゴルで墓は珍しく、「普通は森などに遺体を置く風葬が主流で、遺体は動物やハゲタカが処理して、魂とともに自然界に帰る(P72)」らしい。

 

最近、見捨てられた墓である無縁墓が問題になっているが、風葬であれば、このような問題は起きない。

 

皆様はどのようにお考えだろうか。