仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

チーズが高い理由

 

チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘 (ブルーバックス)

チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘 (ブルーバックス)

 

フランスに暮らしていたこともあり、私は大のチーズ好きだ。

 

しかし、日本ではほとんどチーズを食べない。

 

なぜか。

 

高いからである。

 

本書「日本の輸入チーズはなぜ高い?(P58)」にも記されているが、日本の輸入チーズ関税は、29.8%と極端に高く設定されている。

 

諸外国では、高くても10数%だから、日本の輸入チーズは非常に高くなってしまっているのだ。

 

本書は、大学で「ミルク科学」の講義を担当している農学博士によるチーズ三昧の一冊だ。

 

世界には、1000種類以上のチーズが存在すると言われている。

 

毎日違う種類のチーズを食べても、約3年かかるわけだ。

 

そう言えば、フランス留学中、学生向けにチーズを振る舞うパーティがあった。

 

さすが、チーズ王国フランスだ。

 

チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘 (ブルーバックス)

チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘 (ブルーバックス)