仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

なんか昼ドラみたい

 

笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代

笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代

 

応仁の乱と聞いて、皆様は何を思い浮かべるだろうか。

 

教科書などには、戦国時代が始まるキッカケになった事件と書いてあるが、詳細をご存知の方は、以外と少ないのではないだろうか。

 

本書は、「応仁の乱って、超わかりやすいんですよ。人間関係が織り成すドラマなんです(P16)」と述べている。

 

詳細は、「もうなんか昼ドラみたい(P16)」をご確認頂きたいが、応仁の乱は、愛憎、裏切り、欲、別れを含むドラマチック戦国物語なのだ。

 

関ヶ原の戦いや真田三代についても、現代語で楽しく述べられている。

 

歴史好きには、たまらない一冊だ。

 

笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代

笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代