仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

程を知る

 

武家の躾(しつけ) 子どもの礼儀作法 (光文社新書)

武家の躾(しつけ) 子どもの礼儀作法 (光文社新書)

 

約700年前の室町時代足利尊氏の家臣だった小笠原貞宗が確立した武士の作法に、小笠原流礼法がある。

 

小笠原流の伝書に、「程を知る」という教えが記されている。

 

「相手との心理的な距離、振る舞い方、行動のすべてに程、すなわち程度を知ること(P5)」

 

本書は、「程を知る」ことについて、上記のように解説している。

 

武士の躾と聞くと、激しい鍛練や厳格な上下関係を想像する方がいるかもしれない。

 

しかしながら、武士は子供に対して、哲学と愛情を持って接していたことが、本書を読めば理解できる。

 

武家の躾(しつけ) 子どもの礼儀作法 (光文社新書)

武家の躾(しつけ) 子どもの礼儀作法 (光文社新書)