仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

所有にもとづく自由

 

アメリカ 異形の制度空間 (講談社選書メチエ)

アメリカ 異形の制度空間 (講談社選書メチエ)

 

アメリカは、不思議な国だ。

 

元首を選ぶ大統領選は、選挙人制度という変わった仕組みを採用している。

 

中央銀行に当たる連邦準備銀行が、民間企業の形式を採っているのはアメリカくらいだろう。

 

大統領制などの発祥の地であり、今や世界の隅々に浸透したアメリカの規範性の由来を探ったのが、本書である。

 

興味深いのは、「所有にもとづく自由(P97)」部分だ。

 

「先住部族の残された居住空間からの追放を合法化し、かれらの住む場所を最終的に奪うことになった。こうしてアメリカ国家は、自作農・自営業者を広範に作り出し、この国のしょゆうしゃ(オーナー)たちの社会として組織しようとしたのである(P99)」

 

アメリカは、自由の地(Land of free)と呼ばれるが、先住部族の自由は抑圧した歴史を持っている。

 

アメリカ 異形の制度空間 (講談社選書メチエ)

アメリカ 異形の制度空間 (講談社選書メチエ)