元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

夢と希望とサムマネー

 

わくわく創年時代: 年金プラスαの生き方

わくわく創年時代: 年金プラスαの生き方

 

年金財政の議論が、毎日メディアで行われている。

 

将来、年金がいくらもらえるかを考えるよりも、今どのように稼ぐかが重要だろう。

 

本書によると、「40代半ばから創年(P22)」だそうで、「できれば年金プラスわずかの収入があれば最高です(P85)」とも述べている。

 

そういえば、チャップリンも同じようなことを言っていた。

 

「人生に必要なのは、夢と希望とサムマネー(ほんの少しのお金)」

 

深い言葉だ。

 

わくわく創年時代: 年金プラスαの生き方

わくわく創年時代: 年金プラスαの生き方