会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

机を綺麗にしよう

 

日常の中で悟りをひらく10の徳目 (ディスカヴァー携書)

日常の中で悟りをひらく10の徳目 (ディスカヴァー携書)

 

私は会社員時代、心がけていたことが2つあった。

 

1. 健康であること

2. 時間に遅れないこと

 

皆様の周りで、上記2つを守っている人が以外に少ないことに気付くだろう。

 

普段から体調管理を徹底し、全ての会議に遅れない人がいれば、どのような組織でも評価されるだろう。

 

前置きが、長くなってしまった。

 

本書は、住職である筆者のポリシー10か条を解説したものだ。

 

以外なほどに、ビジネスに使える箇所が多かった。

 

興味深いのは、「小さなことをおろそかにしない(P38)」部分だ。

 

「戦略は細部に宿る」と言われるが、一流の投資銀行家やコンサルタントは、プレゼン資料の文字フォントやフォーマットの細かいところまでこだわる。

 

優れたビジネスパーソンが競合すると、内容に大きな差がなくなるため、プレゼン資料の細かい部分くらいしか見分ける方法がないと言われているのだ。

 

細かい部分で差をつけるために私がやっていたのは、机をいつも綺麗にしておくことだ。

 

ホコリやチリがあると、無意識のうちにストレスがたまり、ミスを誘発することが分かっている。

 

軍人が服や靴をピカピカにしているのは、ミスを防ぎ、戦場で生き残るためである。

 

「ゴミ1つ拾えば、1つだけきれいになる。(P39)」

 

上記のような記載が多く、ビジネスに役立つことが多い一冊だ。