元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

パリテを知っているか?

 

女性議員が増えれば社会が変わる 赤松政経塾第1期

女性議員が増えれば社会が変わる 赤松政経塾第1期

 

フランスネタが多くて恐縮だが、フランスにはパリテという法律がある。

 

日本ではあまり知られていないが、パリテ(Parité)はフランス語で「半々」を意味し、候補者を男女半々とするよう政党に義務づけている。

 

候補者を男女半々にしない政党に対しては、助成金減額といった具体的罰則まで盛り込まれている。

 

詳細は、本書「フランスはパリテという法律を作った(P32)」を確認頂きたいが、フランスで子供の数が増えているのは、このような施策があったからだと考えるのは私だけだろうか。

 

本書は、7人の女性議員の講演をまとめたもので、先進国を例に取り、日本でのクオータ制導入を主張している。

 

本書のあちこちで記載されているが、政界に限らず、日本は極端な男性社会だ。

 

本書に登場する個々の政治家の評価は別にして、私もクオータ制に賛成の立場だ。

 

フランスのパリテのような法律を政界だけでなく、財界にも導入してほしいと考えている。

 

そうでもしないと、この男性社会を変えることはできないだろう。

 

クールビズで、日本の夏から上着とネクタイが消えたように、政治がリーダーシップを発揮し、政財界の意思決定の場も男女半々に早く変えるべきだ。

 

女性議員が増えれば社会が変わる 赤松政経塾第1期

女性議員が増えれば社会が変わる 赤松政経塾第1期