元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

源氏物語=日本初の古典?

 

古典について,冷静に考えてみました

古典について,冷静に考えてみました

 

「その昔、日本には文字がなかった。」

 

上記は、本書「源氏物語はいかにして古典になったか(P103)」の一文である。

 

奈良時代古事記日本書紀万葉集などが残っており、「文字は昔からあったはずだ」と思われる方がいるかもしれないが、これらは全て漢文で書かれたものだ。

 

日本独自の文字である仮名による書籍は、平安時代源氏物語などの登場を待たねばならなかった。

 

本書「古典について,冷静に考えてみました」は、日本だけでなく、中国、欧州、中東などの古典がマニアックに語っている。

 

以前のエントリーで紹介した「経済古典は役に立つ」は、経済に特化していたが、本書は、伝統的な古典を多数紹介している。

 

太古から読まれている書物は、残っている理由があって、現在も出版されている。

 

本書を通じて古典を手に取れば、仕事にお悩みのあなたの心に潤いを与えてくれるかもしれない。

 

古典について,冷静に考えてみました

古典について,冷静に考えてみました