元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

ワーク・バース・バランス

 

キャリアと出産:働く女性のワーク・バース・バランス

キャリアと出産:働く女性のワーク・バース・バランス

 

「ワーク・バース・バランス」という言葉を、本書で初めて知った。

 

ワーク・バース・バランスは、仕事と出産の調和のことだと思うが、このような言葉が出てくるということは、日本がそれだけ子供を産みにくい社会ということなのだろう。

 

著者は、5人の子供を持ち、 会社勤務や個人事業など様々なスタイルで働いてきた自称「バース・コーディネーター(P23)」だそうだ。

 

本書は、色々な議論を行っているが、「週末の接待ゴルフ的な付き合いや、平日夕刻からの飲み会…、これらが昇進の可能性が高まるための条件だとしたら、(P47)」の部分が、日本の会社組織の全てを物語っている。

 

言い換えると、極端な男性社会の是正がないかぎり、出生率改善はのぞめず、状況はよくならないということだろう。

 

人事部などで、多様性(ダイバーシティ)推進に携わっている人にとって、気付きの機会を与えてくれる一冊だ。

 

また、上層部に男性しかいない組織に所属している方にとっても、考えさせられる資料である。

 

キャリアと出産:働く女性のワーク・バース・バランス

キャリアと出産:働く女性のワーク・バース・バランス