会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

退職願と退職届は違う?

 

私は長らく外資系企業にいたため、退職勧奨は身近な存在だった。

 

いきなり同僚がいなくなると、「退職勧奨か…」と思ったものだ。

 

本書は、「法に触れずトラブルを起こさず、いかに上手に従業員に辞めていただくか」という観点から必要な法律知識をまとめた入門書だそうだ。

 

辞めさせる(経営)側に限らず、辞めさせられる(従業員)側にとっても有益な情報が含まれている。

 

「健康保険被保険者証を回収できない場合の届出(P60)」など、具体化な内容はもちろんだが、読んでおくと役に立つことも多い。

 

興味深かったのは、「退職願と退職届は違う?(P90)」部分だ。

 

普段、退職願と退職届の違いを意識することはないと思うが、この2つは似て非なるものである。

 

詳細は本書を確認頂きたいが、一番の違いは、退職願は(使用者の承諾があれば)撤回可能だが、退職届は撤回できないということだ。

 

私の場合、職場所定のフォーマットが退職届になっていた。

 

皆様の職場は様々だと思うが、退職願と退職届では、効力に違いがあることを知っておくのは重要なことだろう。