元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

収益確保は3年以内に

 

海外勤務が決まったらすぐ読む本

海外勤務が決まったらすぐ読む本

 

「どのグループ社員のプレゼンを聞いても、統一されたフォーマットと思考枠で発表が行われるので、どの人の内容も一定レベルの基準と品質を担保できている(P72)。」

 

上記は、トヨタグループに関する記述だが、全世界でフォーマットと思考枠が統一されているのはすごいことだ。

 

本書は、海外勤務での心構えとやるべきこと、やってはいけないことなどをまとめた資料だ。

 

実務的な内容も多いのだが、一点気になるのは、「MBA万能思考」が記述のあちこちに見られることだ。

 

グローバルな外資系企業の場合、MBAが役立つことはあるが、それ以外のところではあまり重視されない。

 

言うまでもないが、会社員を辞めると、学歴は全く意味をなさなくなる。

 

「リスクを管理し自分の身は自分で守る(P180)」部分は、具体的な記述が多く、海外勤務時に使えるだろう。

 

本書で印象的だったのは、「収益確保は3年以内と心得ること(P220)」部分だ。

 

国内、海外、自営にかぎらず、新しいビジネスを立ち上げたら、3年以内に収益確保することは重要だ。

 

3年経っても赤字の場合、方向性が間違っている可能性が高く、何より従業員がついてこなくなる。

 

海外勤務が決まったらすぐ読む本

海外勤務が決まったらすぐ読む本