仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

マリーはなぜ捕まった

 

愛と欲望のフランス王列伝 (集英社新書)

愛と欲望のフランス王列伝 (集英社新書)

 

標題のマリーとは、マリー・アントワネットのことだ。

 

ルイ16世の王妃としても有名なマリーだが、派手な王宮生活の後、38歳の若さでギロチンの露と消えた。

 

フランス革命の際、マリーは国外逃亡を図るが、大型馬車での移動にこだわり、国境に近いヴァレンヌ村で捕らえられた。

 

巧妙に変装すれば脱出可能だったと言われているが、逃亡中まで派手であったため、墓穴を掘った。

 

本書は、長いフランス王室の歴史をコミカルでありながらアカデミックに描写している。

 

学校の世界史で、勉強が嫌になった人でも、楽しく知的興奮を覚えられる一冊だ。

 

愛と欲望のフランス王列伝 (集英社新書)

愛と欲望のフランス王列伝 (集英社新書)