会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

老後は都会に住みたい?

 

家族で地方移住、はじめました。

家族で地方移住、はじめました。

 

私の知り合いで、会社員を辞めて、地方移住を支援する事業を始めた人がいる。

 

この人は、ターゲットを退職者層の60代以上にしたため、上手くいかなかったそうだ。

 

高齢者は、地方よりも都心に住みたがるのが最近のトレンドらしい。

 

「スーパーや病院、ジムなど、普段行く場所は、できるだけ集約している方が高齢者にとってありがたい」

 

これは、私の母のコメントだが、多くの高齢者の意見でもあるだろう。

 

本書は、都心から地方に移住した20~40代の家族を14組紹介している。

 

子育て世帯や若い夫婦などが、「お金や時間にとらわれたくない」、「子供を自然が身近にある環境で育てたい」など、ポジティブな動機で地方に移り住んでいるそうだ。

 

生計の立て方は、様々だ。

 

「出店(P15)」、「起業(P51)」、「モノづくり(P99)」、「農林水産(P123)」、「就職(P159)」などの実体験が示されており、地方移住を考えている人にとって、バイブルになりうる資料だ。

 

典型的な地方だけでなく、神戸市北区淡河町などの「とかいなか」生活が描かれているのは興味深い。

 

「とかいなか(都会 + 田舎者)」という単語を、私は本書で初めて知った。

 

私は田舎の出身であり、今のところ地方移住の予定はない。

 

インターネットの登場で、「どこでも仕事はできる」という意見がある一方、IT企業ほど都心の真ん中に本社があったりする。

 

最終的には個人の判断になるが、都会の生活に疲れた時、手元にあると田舎の生活が少し味わえるので、地方移住の予定がなくても読むと楽しい一冊だ。

 

家族で地方移住、はじめました。

家族で地方移住、はじめました。