会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

早く生まれた者は偉い?

 

官僚村生活白書

官僚村生活白書

 

民間に勤めていた私だが、官庁街がある霞が関に結構行った方だ。

 

50回以上は行ったと思う。

 

当局対応というマニアックな業務に従事していたためだ。

 

本書は、霞が関で人生の多くの時間を過ごす官僚の生活を、女性目線で描いたものだ。

 

年功を重んじる日本社会において、官僚のキャリア制度は不思議なものだ。

 

意外に思われるかもしれないが、キャリア制度は法律に明記されているわけではなく、慣習として行われている。

 

しかしながら、キャリア同士の年功は原則破られることがなく、お笑い芸人もビックリの縦社会が存在している。

 

電通長時間労働が政治問題化しているが、霞が関の労働環境の方が深刻だ。

 

結婚や配偶者の実態など、官僚達の人間らしい部分を含め、彼ら、彼女らの生活を垣間見る上で、参考になる一冊だ。

 

官僚村生活白書

官僚村生活白書