仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

船は2種類しかない

 

「船は2種類しかない。潜水鑑とその目標だ」

 

物騒な始まりだが、本書のメッセージは上記だ。

 

潜水鑑というと、映画「レッド・オクトーバーを追え! 」や漫画「沈黙の艦隊」を思い浮かべる方が多いかもしれない。

 

本書によると、「レッド・オクトーバーを追え! 」は相当本物に近いとのことだ。

 

沈黙の艦隊」は余りにもリアル過ぎて、自衛隊と原作者がもめたという逸話があるほどだ。

 

トランプ大統領誕生によって、日本の安全保障について、様々な議論がなされている。

 

本書で一番参考になったのは、「英国とフランスの戦略型原子力潜水艦(P24)」部分だ。

 

国土が狭い両国は、陸上弾道ミサイルだと、先制攻撃された場合、破壊されて使えなくなる可能性が高い。

 

そのため、潜水鑑弾道ミサイルを唯一の核戦略としている。

 

本書には、潜水鑑に関する非常に深い内容が書かれており、本当に面白い。

 

日本では、核武装の話自体がタブーとされる雰囲気がある。

 

アメリカの核の傘で生活していることを意識することは少ないが、タブーが多すぎると、いざという時、困る可能性がある。