会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

民主主義は最悪か?

 

民主主義の条件

民主主義の条件

 

 「民主主義は最悪のシステムだ。但し、それ以外の制度を除いては」

 

これは、英国元首相チャーチルの有名な言葉だ。

 

「民主主義はとんでもない制度だが、共産主義などに比べると、まだましだからしょうがない」というニュアンスだろう。

 

今回紹介する「民主主義の条件」は、「 日本の政党政治には可能性があり、その政治は選挙で変えられる」と力説する。

 

自民党の総裁任期延長が決定されたが、「政党リーダーの任期にはどんな意味があるのか(P110)」で、イギリス保守党にかつてあった、党首選挙要求制度が紹介されている。

 

10年以上首相の座にあったサッチャーは、この制度により辞職に追い込まれた。

 

日本でもよく話題になる参議院の役割について、「第二院の役割(P122)」で議論されている。

 

日本と同じく第二院の強いイタリアで、仕組みを変更させるための国民投票が来月予定されている。

 

イタリアの首相は、国民投票で敗れた場合、退陣を明言しており、欧州の不安要因になっている。

 

日本の頻繁過ぎる選挙についても解説されており、ビジネスパーソンとして話のたねになる情報が満載だ。

 

日本の政治制度に課題はあるが、表現の自由がある民主主義国家であることは非常に恵まれたことである。

 

民主主義の条件

民主主義の条件