仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

退職はチャンス!

 

2016-2017年版 図解わかる 会社をやめるときの手続きのすべて

2016-2017年版 図解わかる 会社をやめるときの手続きのすべて

 

3回の合併を通じて、外資系と日系の違いは色々感じたが、退職勧告の有無は大きな相違点だ。

 

外資系の場合、2年連続で目標を下回ると退職勧告を受けるのが一般的だ。

 

日系の場合、退職勧告は殆ど行われない。

 

「向いていない仕事を続けさせる方が悲劇だ」という概念が外資系にはあるようだ。

 

退職勧告がない日系には、ソリティア社員が多いそうだが、退職勧告への考えは人それぞれだろう。

 

一つ言えるのは、退職勧告を受けたら別の仕事を探す必要が出てくるということだ。

 

退職後は、色々な判断が求められる。

 

健康保険だけでも、任意継続か国保か選ばなければならない。

 

そのような時に備え、「2016-2017年版 図解わかる 会社をやめるときの手続きのすべて」を読んでおくと慌てなくてすむ。

 

退職はチャンスでもあるのだ。

 

2016-2017年版 図解わかる 会社をやめるときの手続きのすべて

2016-2017年版 図解わかる 会社をやめるときの手続きのすべて