仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

為替市場を注視する

 

財務省 (新潮新書)

財務省 (新潮新書)

 

 

財務省の高官である財務官が、「為替市場を注視する」と発言すると、円高が止まる場面がこれまであった。

 

いわゆる口先介入だが、トランプが大統領になる今後は難しくなるだろう。

 

今回紹介する「財務省 (新潮新書)」は、元財務官の榊原英資財務省を称賛している資料だ。

 

ノーパンしゃぶしゃぶ等の不適切な接待が原因で、財務省から金融庁が2000年に分離された。

 

榊原は、「財政と金融の一体化を(P180)」の部分で財務省金融庁の統合を主張している。

 

財務官として、為替市場に積極的に介入した榊原はミスター円と呼ばれたが、アメリカにミスタードルは存在しない。

 

為替市場をコントロールすることは不可能であると理解しているからだ。

 

トランプ大統領誕生を機に、財務省も為替介入をやめるべきだ。

 

財務省 (新潮新書)

財務省 (新潮新書)