元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

昇進は他人が決める

 

終わった人

終わった人

 

 「昇進は他人が決める」

 

会社員の大変さは、この一言に集約されているように感じる。

 

今回紹介する「終わった人」は、横綱審議委員でお馴染みの内館牧子による小説である。

 

メガバンクで出世争いに敗れた主人公が、退職後の過ごし方について悩み、カルチャーセンターやスポーツジムなどで自分探しを繰り広げる物語だ。

 

恋愛やどんでん返しもあり、最後まで一気に読み終えられる。

 

60代以上のシニア層が主に買っているようだが、現役のビジネスパーソンも一読頂ければ、老後のシミュレーションを行うことが可能だ。

 

内館牧子の作品を初めて読む人にも、お勧めの一冊である。

 

終わった人

終わった人