元外資系金融マンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨や金融に関するライターをしているPMOです。

TOEIC満点英語: electoral college

f:id:PMO1:20161111181704j:plain
アメリカの大統領選挙は、世界的にみても変わった選挙人制度を採用している。

選挙人制度は、1787年に導入された。

メディアが発達していない当時は識字率も低く、大統領候補の政策や主張を知る方法が少なかった。

そこで、いずれかの候補者の支持を表明する名士や知識人を、前もって複数の選挙人として指名することになった。

選挙で候補者への支持を託す選挙人を選び、間接的に託された選挙人団(electoral college)が大統領を選ぶという方法を採用し、それが現在も続いている。

今回、トランプは選挙人団の数で上回り、次期大統領に選出された。

一方、一般投票(popular vote)の得票数はヒラリーの方が多かった。

これは、大統領選史上5回目のことである。