会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

共産党がある理由

 

悩める日本共産党員のための人生相談

悩める日本共産党員のための人生相談

 

あらかじめ申し上げておくが、私は共産党員ではない。

 

資本主義の象徴である金融機関に勤めていたこともあり、資本主義は素晴らしいと考えている。

 

大学の憲法の授業で唯一(!)覚えているのが、「ドイツにも共産党があったが、憲法裁判所が違憲と判断し、解体させられた」ということである。

 

欧州にある「戦う民主主義」に基づく判断だが、法体系が違う日本で同じことはできない。

 

本日紹介する「悩める日本共産党員のための人生相談」は、ベールに包まれている共産党員の悩みにQAの形でこたえているものだ。

 

創価学会員には どのように対応すればいいのでしょう(P71)」や「 統一地方選挙のたびに10万円のカンパが必要でキツいです(P118)」など、際どい内容もふくまれている。

 

日本全国あらゆるところに候補者をたてられるのは、自民党共産党だけだといわれるが、その理由が垣間見られる資料である。

 

今年から、18歳以上の方にも参政権が認められたが、政治システムの参考題材として分かりやすい資料である。

 

悩める日本共産党員のための人生相談

悩める日本共産党員のための人生相談