仮想通貨評論家コインマンブログ

15年間外資系金融機関で働き、現在は仮想通貨評論家コインマンとして仮想通貨の記事を執筆しています。Twitterをフォロー頂ければ(@PMO_Group)、毎日記事をお読み頂けます。また、プロジェクト管理のコンサルタントもしています。記事執筆やコンサルティングのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(coinmanpmo@gmail.com)。

コミュニケーション能力とは?

 

採用学 (新潮選書)

採用学 (新潮選書)

 

 「コミュニケーション能力」ほど客観的に測れないスキルはないだろう。

 

会社員時代、「コミュニケーション能力がない」ことで有名な人が、運悪く私の上司になったことがある。

 

その人から、「あなたは、コミュニケーション能力ないよね」と言われた時は愕然としたものだ。

 

今回紹介する「採用学 (新潮選書)」は、「コミュニケーション能力は重視するな」という刺激的なキャッチフレーズを唱える採用に関する資料である。

 

本書で重要だと感じたのは、「そもそもコミュニケーション能力とは何かという点についてコンセンサスがない(P143)」という記載である。

 

本書では、実際の企業が実施しているユニークな採用活動が多数紹介されている。

 

新潟に本社がある三幸製菓株式会社の「カフェテリア採用(P171)」が取り上げられており、非常に細かい内容まで記載されている。

 

三幸製菓は、せんべいの「ぱりんこ」を作っている会社という方が分かりやすいかもしれない。

 

2015年新卒採用から、三幸製菓で導入されたカフェテリア採用は、応募者が自分自身のスタイルに合わせて、最も合った募集・選抜のスタイルを選択する。

 

「個人にはそれぞれの関心、特技、価値観がある」という三幸製菓の思いがその背景にはある(P174)。

 

それに加え、三幸製菓は、「出前全員面接会」という面白い取り組みを行っている。

 

日本では、書類審査をクリアした応募者が、企業側の指定した場所で、面接を行うのが普通である。

 

「出前全員面接会」では、応募者が面接場所を指定し、会場準備も応募者自身が行う。

 

応募者は、会場設定・準備という負担を負う代わりに、希望すれば、必ず面接をしてもらうことができる。

 

新卒採用で面接を廃止したビースタイル等、様々なケースも散りばめられており、企業の人事担当者は勿論だが、「中々良い人材が採用できない」と悩む経営者、ビジネスマネージャーにも一読の価値がある。

 

本書で紹介されている企業の多くの施策が、「コミュニケーション能力は測れない」という前提に立って実行されているのが興味深い。

 

採用学 (新潮選書)

採用学 (新潮選書)