読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社辞めて良かった

15年間外資系金融機関で働き、現在はフリーのPMOです。

江戸時代の方が幸せ?

 

以前、新宿で働いていたことがあり、時々落語を見に行った。

 

扇子の使い方が好きで、真似をしていたことを覚えている。

 

江戸時代の庶民の生活というのは、実は結構楽しかったとも言われている。

 

現在の会社員とは違い、源泉徴収という厳格な徴税ではなく、年貢という曖昧な方法で処理されており、結構いい加減だったようだ。

 

落語の世界では、江戸時代の物語が面白おかしく話されてるが、本当に楽しかったのではないかと密かに考えている。

 

本書は、落語好きな方におすすめの一冊だ。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

 

着物トレーダーに贈る

 

着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実

着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実

 

個人で外国為替証拠金取引(FX)を行っている人を、ミセス・ワタナベというが、海外では「着物トレーダー」とも呼ばれている。

 

海外ではFXが投機的取引だと考えられているが、日本にはなぜか通常の金融取引と思われてるようだ。

 

「自分はFXで失敗しない」と考えている方におすすめの一冊である。

 

着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実

着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実

 

 

ワインとビールと化粧品

 

今日は前職のチームの人達と食事会があり、中々楽しい時間を過ごすことができた。

 

ワインが色々あるお店だったが、飲み放題の赤ワインだけを飲み、結構美味しかった。

 

ワインやビールは、ブラインドテストをすると、ほとんどの人は違いが分からないそうだ。

 

つまり、ラベルにお金を払っていることになる。

 

化粧品などもそうだが、中身はほとんど同じで、マーケティングコストが、ブランドとして上乗せされているに過ぎない。

 

「すべてはマーケティングである」とは、よく言ったものだ。

 

本書を使って、自社商品やサービスのマーケティング戦略を考えてみると面白い。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

 

規制がゆるいと発展する

 

「なし崩しの規制緩和」にいかに対応するか DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

「なし崩しの規制緩和」にいかに対応するか DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

 

日本の社会では、規制がゆるい産業ほど発展している傾向にある。

 

飲食業界や引っ越しを行う運送業界などは、 参入が簡単で、規制が少ないため、様々な競争が起こっている。

 

海外で飲食店を経営しようとすると、政府から様々な規制を受ける。

 

日本の飲食店が世界一美味しいと言われるのは、規制がゆるく、あらゆるところで競争が起こっていることが要因だろう。

 

久々に読んだ論文で、面白かったので紹介しておく。

 

規制に対する考えが、世界各地で違うことを確認できる面白い論文だ。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

「なし崩しの規制緩和」にいかに対応するか DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

「なし崩しの規制緩和」にいかに対応するか DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

 

 

自民党と民進党の違い

 

自民党がよくわかる本

自民党がよくわかる本

 

受動喫煙に関する規制案のやりとりは、自民党という政党の姿をよく表している。

 

財務省JTという、アメリカライフル協会もビックリの利害関係者たちの暗躍が、今回の件では見え隠れしている。

 

世界から笑われそうな受動喫煙防止規制が出来上がりそうだが、与党の苦しみとして最後は決めるということだろう。

 

良い意味でも悪い意味でも、最後は決める点が、民進党との違いだろう。

 

タバコ臭い飲食店が、今後もあちこちに残ることになりそうだが、自民党という政党を理解する上で本書はおすすめだ。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

自民党がよくわかる本

自民党がよくわかる本

 

 

権威主義の正体

 

権威主義の正体 (PHP新書)

権威主義の正体 (PHP新書)

 

企業で勤務する場合、ある程度は権威主義に従う必要が出てくる。

 

レポーティングラインというものがある以上、仕方がないことだ。

 

それでも、権威主義に疑問を抱く人はいるだろう。

 

そんな人は、本書を読んでみよう。

 

権威主義の正体がよくわかるなかなか良い本である。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

権威主義の正体 (PHP新書)

権威主義の正体 (PHP新書)

 

 

辞め時の設定

 

会社を辞める時刻表 : 100のポイントで辞め時を決める

会社を辞める時刻表 : 100のポイントで辞め時を決める

 

「戦争を始めるのは簡単だが、辞めるのは難しい」

 

上記は有名なセリフだが、ビジネスや政治にも同じことが言える。

 

辞め時を考えずに大失敗したのが、第二次世界大戦時の旧日本軍だ。

 

現在の東京都も豊洲問題で、悩むことを辞められずに、ムダな時間とコストを使っている。

 

いつの世も、人間はサンクコストに縛られるようだ。

 

本書は、会社員の辞め時にポイントをしぼった面白い資料だ。

 

退職や転職を考えている方に、おすすめの一冊だ。

 

Kindle 版が、読みやすい。

 

会社を辞める時刻表 : 100のポイントで辞め時を決める

会社を辞める時刻表 : 100のポイントで辞め時を決める